時代の変化

遺骨を持つ女性

故人を送り出すための儀式として、葬儀は昔から執り行われてきました。 しかし最近は、葬儀を行わない場合も増えているそうです。その理由には様々なものがあるのですが、中でも特に多いのは経済的な事情です。つまり、お金がないせいで葬儀ができないということであり、その場合には火葬だけしてもらい、遺灰を受け取るのだそうです。 また、葬儀をしても駆け付ける人が少ないだろうから、という若干寂しい理由で葬儀をしない場合もあります。昨今は親戚や近所の人々との繋がりが薄れてきていますので、葬儀を執り行うことに意味をみいだせないケースが急増しているのです。 このように、世間には葬儀離れの風潮が出来始めています。しかし、きちんと故人とのお別れがしたいと考える人の方が、まだまだ多数派です。今後ともこの文化が消え去ることはないでしょう。

知り合いの葬儀が執り行われる際には、幾つかの気をつけなければならないことがあります。 まず、深夜に故人のもとを訪ねるのはやめましょう。訃報を聞いたあとにすぐさま駆けつけたい気持ちは分かりますが、故人の家族にしてみればいい迷惑なのです。 また、忙しくて故人のもとに出向けないからといって、電話でお悔やみを述べるのはやめてください。遺族に対してとても失礼なマナー違反です。 そして、故人のもとに駆けつけた際、自分から故人との対面をお願いするのはやめましょう。自分から対面をお願いするのは、あまりにも配慮に欠けます。遺族から勧められた場合にのみ、故人と対面するようにしましょう。 このように、葬儀の際には守るべきマナーがたくさんあります。すべてのマナーを守ってこそ、常識ある人間です。マナーはきちんと守るようにしましょう。